« 八つ時のお願い | トップページ | 女だらけのもつ鍋会 »

2007年9月22日 (土)

打倒、Mr.黒光り

漫画喫茶にて
ハチミツとクローバーの8巻~10(最終)巻までを一気読み。
爆笑と号泣を繰り返し、ぐったりと帰宅。
そんな金曜の午前1時。

さぁて、お風呂に入りましょう。
と、いそいそ準備して部屋からパっと出た。その時。

出ましたね~、Mr.黒光り。
体長6cmは優に超えている大物。
心の中ではうわっふ~!と叫びながらも抱く殺意。

忍び足でスプレーを。
戻って来るなりブシュー。
道具に頼るのが人間です。

シュシュシュシュー。
逃げる彼、執拗に追う私。
シュシュー、シュシュシュシュー。
ドキドキ、ゼーハー。

追い掛け回して遂に撃退。
しかし恐怖でなかなか片付けられず、とりあえず休憩。

すると、鼻がピリピリ痛み出した。
なぜか涙も止まらなくなり、頭がフラフラくわんくわん。
おそらく、追いかけるのに必死で
まともにシューを吸い込んでしまったのでしょう。

それから約1時間。
フラフラする頭と止まらぬ涙をそのままに
見たくも無い深夜番組を放置したまま、
故Mr.黒光りの処理方法を思案。

しかも仕留めたのがお風呂場の前。
片付けないことには入れませんし、寝られません。

結局、その後。
ギャッ!ッギャー!!を5回程繰り返し、
寝床にインしたのは午前の4時。

朝じゃん…朝だよ、これ。

おそらく貴方がたが黒いのは
暗い所に隠れる為だと思われます。
ので、大変申し訳ございませんが外出されるのは
暗くなってからの方がお互い身の為だと思います。

という勝手なお願いに代えさせて頂きます。

|

« 八つ時のお願い | トップページ | 女だらけのもつ鍋会 »

日記的書き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八つ時のお願い | トップページ | 女だらけのもつ鍋会 »